menu

DSGニュース 2016.03.23

~行政書士ってどんな仕事!?~

~行政書士ってどんな仕事!?~

はじめまして!行政書士の松中です。

みなさんは行政書士という職業に,どのようなイメージをお持ちでしょうか?「○○士」と呼ばれる法律系資格のなかでも,特に行政書士はイメージがつき難いと思います。私も行政書士の仕事に就く前は,楽そうな仕事だな~とか,儲からなさそうな職業だな~というイメージしかありませんでした(笑)。

行政書士がどのような業務ができるかというと,大きく分けて,官公署(役所)に提出する許認可等の書類の作成・提出代行と,遺言書や契約書等の権利義務,事実証明に関する書類の作成が可能とされています。
これだけ聞くと,行政書士は「書士」の名前のとおり,書類を作るのが仕事のようにも思えます。もちろん,書類を作ることは行政書士のメインの仕事と言えるかもしれません。しかし,書類作成のその先に,依頼人が何を求めているのかを読み取り,法的に分析・解釈し,依頼人の要望を法的に構成した上で提案することが,なによりも重要です。そのためには,日々の知識の習得はもちろんのこと,習得した知識を実務に還元する法的素養が要求されます。これは行政書士試験に合格しただけで身に付くものではなく,実務に入ってからも勉強の毎日です。
私が行政書士の世界に飛び込んだのは1年前のことでしたが,行政書士に対するイメージは大きく変わりました。儲かっているかどうかは秘密ですが(笑)。

また,行政書士が作成可能な書類は一万種以上に及ぶとも言われています。とはいえ,それぞれの行政書士は,各々得意分野をもっています。他の行政書士事務所のホームページを覗いてみると,建設業許可,風俗営業許可,車庫証明など,それぞれの事務所が主に扱っている分野がわかります。当社の場合は,国際業務といわれる分野に特化した業務を行っています。主に,外国人の在留関係に関する入国管理局への申請や,外国人の方が日本国籍を取得するための帰化許可申請を扱っています。私自身は,入管業務を担当しています。

 これからは,入管業務に関する内容のブログを綴っていく予定です。最終的には書籍化!?なんてことも目論みながら・・・一人でも多くの方が興味を持って読んでいただければ幸いです。

行政書士法人 第一綜合事務所
松中 崇晴

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます!

Copyright ©2010-2019 行政書士法人 第一綜合事務所 All Rights Reserved.